ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. Home
  2. CSR
  3. CSR経営基本方針
ここから本文です。

CSR経営基本方針

シャープNECディスプレイソリューションズ(株)は、お客さまや社会に信頼される存在でありたいという思いで、コンプライアンスを徹底するだけでなく、持続可能な社会実現をめざし、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)というESG の観点での取り組みを⾏っています。また、その成果と課題を積極的にステークホルダーのみなさまに開⽰し、みなさまとのコミュニケーションをとおして⾃らの企業活動の改善をはかっています。 加えて、そのコミュニケーションから、お客さまや社会の課題解決のためのヒントを得て、新規事業の⽴上げや既存事業の進化などのイノベーションの創造につなげることもサステナブルな経営のあるべき姿と考え、次の基本方針でCSR(Corporate Social Responsibility)経営を推進しています。

シャープNECディスプレイソリューションズ株式会社のCSR経営基本方針

  • リスク管理・コンプライアンスの徹底
  • 事業活動をとおした社会課題解決への貢献
  • ステークホルダー・コミュニケーションの推進

リスク管理・コンプライアンスの徹底

シャープNECディスプレイソリューションズ(株) は、企業が社会に存在し、ステークホルダーの期待や要請に応えるために⽋かせないものとして、グループ会社およびお取引先を含め、リスク管理とコンプライアンスを徹底します。そのために、⼈権侵害や環境破壊など、ステークホルダー、社会や環境に対する負の影響(リスク)の低減や回避をはかります。また、常に「コンプライアンスを最優先とする」意識を持ち、これを実践します。

事業活動をとおした社会課題解決への貢献

シャープNECディスプレイソリューションズ(株)は、社会価値創造型企業として、事業推進にあたっては、取り組むべき社会課題の確認と、提供する製品・サービスが社会に与えるインパクトを考える文化を醸成しています。また、この社会課題やインパクトを考える際にSDGsを活用しています。これらを推進することで、社会の本質的な課題を追求し、さまざまなステークホルダーと新たな価値を共創しながら、豊かで明るい社会と未来の実現に貢献します。また、地域社会のみなさまやNPO、NGOと連携した、社会貢献活動をとおした社会課題の解決にも取り組みます。

ステークホルダー・コミュニケーションの推進

シャープNECディスプレイソリューションズ(株) は、さまざまなステークホルダーとの対話・協働をとおして、お客さまや社会の本質的な課題やお客さまから求められている期待を知り、信頼関係を築いていきます。また、課題に対する取り組みの成果や新たな課題を、CSR レポートなどをとおして積極的に開⽰します。さらに、社会の声を起点として、取り組みを改善するPDCA サイクルを継続的に回すことにより、ステークホルダーのみなさまとの信頼関係を構築し、企業価値の向上に努めます。

制定 2020年1月29日
改定 2020年11月1日
シャープNECディスプレイソリューションズ株式会社
代表取締役社長執行役員 中谷 久嗣

CSR経営推進体制

シャープNECディスプレイソリューションズ(株)では企業価値のさらなる向上のために、データの収集~目標設定~実行~トレースといったPDCAサイクルを回しながらCSRに関わる各課題の解決に向けて取り組んでいます。企業の社会的責任(CSR)に関する全社横断的な課題解決のための重要方針を審議し、施策を立案、推進することを目的とし、リスク・コンプライアンス委員会を中心に各分野委員会を設置し、各部門が連携する形でCSR経営活動を行っております。

CSR経営推進体制

ページの先頭へ戻る